子どもたちの秘密基地
~ウッドデッキを子どもの憩いの場に~


我が家に作ったウッドデッキの紹介です。

この家に引っ越してから、子どもが自由に外へ行き来して遊べる、ウッドデッキが欲しいな…
​とずっと思っていました。
上の子どもが大きくなり、自分で自由に遊ぶようになり、危険も少なくなったので、そんな気持ちを忘れていたのですが、
下の子どもが生まれ、家事に仕事に育児に追われる日々の中で、またウッドデッキを望む気持ちが再燃。

そんな中、上の子どもと仲良くしてくれているお友達が、「秘密基地があったらいいな…」とポツリ呟いた言葉を、拾い、
「今だ!」と決意し、ウッドデッキプロジェクトが始まりました。

小学生の子どもたちの気持ちと、小さい子どもに与えたい遊びを組み合わせ、設計図などはなくイメージで…。

図面がない中で、ほとんどこのウッドデッキの建設は、イチキ大工で働いてくれている佐藤大工がに担当してくれました。
下の子は毎日目の前で働く父親と大工さんの姿にくぎ付けでした。
RMDS9290.JPG
IMG_9897.JPG
IMG_9898.JPG
IMG_9881.JPG
S__14573647.jpg
子どもの目の前で作ってくれる とても贅沢な環境だと感じました。

​少しずつできていく自分たちの遊び場に、子どもたちもわくわくを募らせていきました。家を建てている間と同じ気持ちです。


 
S__14573636.jpg
大工の作業は続きます。子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべながら、ロマンの詰まった想像以上の物になっていきます。

注文した私(妻)が思っていたものは、ウッドデッキにちょっとしたおうちと、ちょっとした滑り台、それだけでも子どもたちの遊びが広がって楽しいだろう…と思っていたのですが…
S__14573601.jpg
S__14573607_0.jpg
思った以上に大工の本気の秘密基地づくりでした!!
これは面白い、すごいものができるぞ…と思っていたのですが、まさかここが子どもたちの公園になるとは…。
2021-04-25_16-19-30_350 (1).jpeg
ウッドデッキが完成した日は、子どもたちが帰宅してから大喜びです!
「すべすべする~!」「おうちがある~!!」「いらっしゃいませ~!」
​早速ごっこ遊びも始まっていました。こんなに喜んでくれると、作り手もとても嬉しいですよね。​
IMG_0267.JPG
S__14573619.jpg