​日本の木でつくる家

​日本で家を建てるのであれば、日本の気候で育った木を使うことが最も適しています。できれば同じ環境で育った地場の木を使うことが一番の理想です。
きちんと管理され、大切に育てられた日本の木を使うことで、日本の山を守り、元気な状態を維持することが出来ます。
日本の山を守ることで、日本の風土も守ることができます。山を守ることが、山とつながる海、川、そして空気を守ることになるのです。そして日本の経済を守っていくためにも、家を建てる材料は国産のものを使って建てるようにしています。

また、同じ国内で育てられた木でも、育て方、育てている時の管理方法、伐採後の管理方法、乾燥の仕方などによって木の丈夫さも違います。建築のコストダウン化により、管理されない荒れた山も増え、違法に伐採された木材もあります。
イチキ大工では、日本の山を守るため、環境を守るため、そして何より丈夫な家を建てるために、厳しく管理された中で育った木を使います。
​自然も、経済も、国内で循環させていくことが大切だと思っています。

IMG_3870_edited.jpg
イチキ大工
自然素材の家
IMG_0471.JPG